シゴトとわたしと息子とパッション@岡山倉敷

主婦でお母さんでフリーランスな萌え事務員の日常

「おかげさま」の心、忘れていませんか?

この記事はメルマガからの転載です。

 

メルマガ登録は

くどぴーの脳内に一番近いメルマガ登録フォーム

こちらよりどうぞ。

 

 

ブログ診断お申込みを

立て続けにいただきました。

 

嬉しい悲鳴とはまさにこのこと!という

状態になっています。

 

お仕事があるのはありがたいです。

 

お客様がいなかったら
自称ジブンシゴトしてる人ですからね。

 

そんな笑える状態にならないで済むのは
信頼して任せてくださる方がいるから。

 

この「ありがたい」という気持ちを
無くさないようにいたいって思います。

 


わたしね、すぐに傲慢方向に
針がピーーンって動いちゃうの。

 

すぐに上目線になっちゃったり

ジャッジして

批判したりしちゃうのね。

 

だからいつも

「おかげさま」の気持ちを

忘れないようにしたいなぁって

思っています。

 


なんで急に

そんなことを思ったかというと

娘たちのいっている幼稚園が

キリスト教系の幼稚園なんですね。

 

朝から帰りまで

何度お祈りしてるの!?って

思うくらいお祈りしているの。

 

朝のお祈りから

帰りのお祈りまで。

オヤツ食べるときも、

ご飯食べる時も。

 

今書いてみて、

4回は少なくとも

お祈りしてるってわかったわ(笑)

 


ご飯が食べられること

健康でいること

幼稚園に来られたこと

無事におうちに帰れるように

休んだお友達の為に

何度も何度もお祈りします。

 

f:id:kudop:20170429161322j:plain


祈るっていう行為は

わたしたち日本人には

あまりなじみのない行為だけれど

 

生かされていることに感謝する

誰かの幸福のためにお祈りする

 

それってすごく豊かな行為だと

幼稚園の参観で思ったんです。

 


今の日本って

「自分さえよければ」が

すごく強くって

 

私自身

「自分さえよければ」の人です。

 


昔日本には八百万の神様がいて

 

トイレの神様

かまどの神様

 

1つ1つに感謝をしていて

「おかげさま」の心を

持っていたんですよね。

 


キリスト教

スバラシイと言いたいのではなく

 

もともと日本人が持っていた

「おかげさま」の心。

 


それをもっと大切にしたいなぁって

娘たちの小さな手が合わさり、

お祈りする姿に思いました。

 

 

★現在ご提供中のメニュー★

お客様目線&エネルギー ブログ診断
運気アップして
お客様目線を取り入れて
読みたいブログに大変身!

読者増!お申込み増の
お声を多数いただいてます。

1ブログ(30記事):5000円

お申込みは
https://ws.formzu.net/fgen/S55506010/
(※現在お届けは5月中旬以降です)

★くどぴーの脳内の一番ちかいところ★
 メルマガ登録はこちら
 https://maroon-ex.jp/fx59256/ytLD9C