読み書きが苦手な息子とわたしとシゴトとパッション

書字障害(ディスグラフィア)・LDの息子を筆頭に4人の子を持つ母の仕事(オンラインチーム事務)子育て記録

Kindle(キンドル)で出版するときに必要な3つ

Kindleキンドル)で自主出版する際に必要な3つのもの

 

・表紙

・目次

・本文

 

本なんだから当たり前やろ!って

言わないでくださいませ。

 

これを

 

それぞれ別々に

違った形式で

 

用意する必要があるんです。

 

 

表紙の形式

 

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon の Kindle ストアでの電子出版に関するヘルプ

 

こちらを見ると

 

ファイル形式

このどちらか 

 

画像寸法(推奨)

縦2560×横1600ピクセル

 

サイズ

50MB以下

 

 

目次

 

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon の Kindle ストアでの電子出版に関するヘルプ

 

Microsoft Wordで

ハイパーリンク付きの目次を作る

 

 

本文

 

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon の Kindle ストアでの電子出版に関するヘルプ

 

  • Word (DOC/DOCX)
  • HTML (ZIP、HTM、または HTML)
  • MOBI
  • EPUB
  • リッチ テキスト フォーマット (RTF)
  • プレーン テキスト (TXT)
  • Adobe PDF (PDF)
  • Kindle Package Format (KPF)

 

 

このいずれかで作成する。

 

 

今回わたしは途中に画像をいれたいので

Wordで作ろうと思っています。

 

f:id:kudop:20170823223655p:plain

 

本文中に入れる画像については

 

画像の解像度は、画像の品質と明瞭度を表します。電子書籍では、画像の解像度は PPI (ピクセル/インチ) で表されます。PPI が高い画像 (300 以上) は、PPI が低い画像 (300 未満) よりもくっきり表示されます。

PPI と画像サイズとの間には直接の関係があります。たとえば、1 x 1 インチ (2.5 x 2.5 cm) で 300 PPI の画像は高解像度です。しかし、その画像を 2 x 2 インチ (5 x 5 cm) に拡大すると、解像度は半分の 150 PPI まで下がります。

PPI を箱の中に詰められたブロックになぞらえて考えてみましょう。画像 A では、箱の中にいくつものブロックが詰められており、各ブロックの周囲に隙間はほとんどありません。これは高解像度の画像と似ています。画像 B では、ブロックの数は同じまま箱のサイズが大きくなるため、各ブロックの周囲の隙間が増えることになります。これは低解像度の画像の画像に似ています。

 

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon の Kindle ストアでの電子出版に関するヘルプ

 

って書かれていますが

わたしにはさっぱりわかりません♡