読み書きが苦手な息子とわたしとシゴトとパッション

書字障害(ディスグラフィア)・LDの息子を筆頭に4人の子を持つ母の仕事(オンラインチーム事務)子育て記録

ブログを書く事とは自己表現であり、脳と心のデトックスでもある

ブログ、書いてますか??

 

書く事が無い~!という声を

時々聞きます。

 

それは読み手である

「誰か」を意識しているからだと思います。

 

 

「誰か」の目に触れるから

なんでも書けるわけじゃないという前提。

 

 

もし人に見られるのがイヤなら

非公開のブログを書くことをオススメします。

 

 

 

ブログを書く行為は脳のデトックス

 

頭の中が一つの思考にとらわれていたり

ある感情でいっぱいになっていると

そこから動くことが出来なくなります。

 

 

脳みそのキャパには

やっぱり限界があって

 

一つの事にとらわれていると

新しいコトが出てきにくいように思います。

 

 

また、人に話す=放す、離すというのを

どこかで聞いたことがあると思います。

 

 

ブログに書く事は

人に話すのと同じように

放す・離すことに繋がります。

 

 

 

はてなブログの場合

無料のアカウントでも3個まで

ブログを開設することが出来ます。

 

 

なのでそのうちの1つを

非公開のブログにしてしまえば

誰にも見られることのない

脳のデトックス場を作ることが出来ます。

 

 

 

わたし自身

すっごい凹んだ時とかに書く

非公開のブログを1つ持っています。

 

オモイダマ

 

オモイダマと名付けたそのブログに

その時感じた思いを書く事により

 

その思いからラクになったり

その思いを忘れることが出来たりします。

 

 

「オモイダマ」の中には

たくさんの「想い」が詰まっています。

 

 

その時にしか書けない

生々しい感情が残っています。

 

 

読み返すことは無いです。

 

 

 

読み返さない、誰も読まない

その時の想いをぶつけるだけのブログ。

 

 

そういう場を作ると

逃れられないように感じる

「想い」や「思考」から

 

書かない時よりもずっと早く

離れられるようになります。