読み書きが苦手な息子とわたしとシゴトとパッション

書字障害(ディスグラフィア)・LDの息子を筆頭に4人の子を持つ母の仕事(オンラインチーム事務)子育て記録

飛び込む勇気が出ないとき。その本音は「やりたくない」

どうしようもないほどの

狂おしいほどの衝動が無いもの。

 

それは勇気を出してお金を出して

飛び込む価値なんてないかもしれません。

 

 

人生を変える勇気は必要なのか?

 

人生を変えたいなら

〇〇のセッションをとか

〇〇のセミナーをとか

 

人が受けて変わった姿を見て

自分も・・・と

思うことがあるかもしれません。

 

でもそこで

1ミリでも躊躇するなら

辞めたほうがいい。

 

 

損得勘定で

特に「損したくないから」

これを受けておこう!は

だいたい失敗します。

 

f:id:kudop:20171214170608j:plain

 

 

人生を変えるのは「衝動」

 

わたしは人生を変えるのは

衝動だと思っています。

 

勇気じゃない。

 

どうしようもなく欲しい!

(案外手に入ったら満足するかも)

 

どうしようもなくやりたい!

(やりきったら満足するかも)

 

 

そういった衝動だと思っています。

 

 

衝動のままにやり始め

衝動のままにやり切ったのが

 

kudop.main.jp

 

このブログですが

それについて何ら後悔もなく。

 

さあ、やり切ったぞ!

次は何を書こうか?状態です。

(だから更新止まってるんだよw)

 

このブログを始めようと思った時より

もっともっと強い衝動を

コンサル塾に入る前に感じました。

 

 

恥とか外聞とかお金とか考えなかった

 

どーしても

このコンサルが受けたい!!

 

その衝動だけで

結構無茶しました(笑)

 

 

どうしようもなくという

衝動に突き動かされた結果

人生変わった!!と

胸張って言えます。

 

 

でも対照的に

損得を考えて決断した時は

全然うまいこといかなかったです。

 

 

お金が~誰かが~って思う時

 

それはやりたくないときです。

安心して、やめてください。

やらなくていいです。

 

どうしてもやりたい~!って思う

人やモノに出会うまでは

動く必要なんて無いです。

 

他の誰がなんと言おうとも

周りの誰かの姿に焦ろうとも

 

お金や時間や人のせいにしたくなる時は

確実に失敗しますから

やめておきましょう。

 

とびこむ勇気よりも

とどまる勇気が必要な時も

時と場合によってはあります。

 

 

衝動は無いけれど、変化を見てみたい

 

わたしが実際に体験した

想定外の現実がどういうものか

そのエッセンスが知りたくなったら

 

chiku-kun.com

 

萌えコンLIFEゴリヤクセミナーは

12月24日(日)10時半~14時

東京品川開催。

 

くどぴーのブログを見たって

書いていただけると嬉しいです。