読み書きが苦手な息子とわたしとシゴトとパッション

書字障害(ディスグラフィア)・LDの息子を筆頭に4人の子を持つ母の仕事(オンラインチーム事務)子育て記録

まっすぐ立て!動かず立て!がツライ

小学校6年生。

この時期、卒業式の練習三昧です。

 

f:id:kudop:20180301210126j:plain

 

長男(LD・自閉症スペクトラム)は

卒業式の練習が苦痛です。

 

まっすぐ立て!

動くな!!

 

叱責が飛ぶようです。

 

 

なんでまっすぐ立てないのか

わからない。

 

動かないとイライラする。

 

自分では動いてないつもりなのに。

 

 

 

 

それが発達障害に起因するものだとしても

まっすぐぴしっと

何十分でも

立ち続けられるのが

当たり前・普通

 

それが出来て当たり前。

 

そのように思っている先生と

 

長男が持っている

「普通の感覚」の間には

なかなかに深い溝があって

 

 

学校に行くのが

少々苦痛になっているようです。

 

 

まっすぐ立て!

動くな!と

言えば、怒鳴れば

 

まっすぐ立てて

動かずに立てるのならば

 

出来るようになるのなら

当人苦労しないのですが

 

ふざけているわけでも

怠けているわけでもなく

一生懸命やっても出来ないので

 

どうやったら

先生たちの望むような

ビシっと立つという事が出来るのか。

 

言葉で教えてくれたらいいのにな~って思います。

 

 

でもきっと

先生たちも当たり前に出来る事だから

 

それを言葉として

教えることは難しいのかもしれないですね。