読み書きが苦手な息子とわたしとシゴトとパッション

書字障害(ディスグラフィア)・LDの息子を筆頭に4人の子を持つ母の仕事(オンラインチーム事務)子育て記録

自分の気持ちに蓋をしなくていい

 

こうやって情報発信をしていますが

ここまで気持ちが落ち着くまでには

それなりの時間がありました。

 

 

 

言葉に出来ないでいた時期も

もちろんあって。

 

ただ落ち込むだけの時もあって。

 

認めたくなくて動けないときもあって。

 

 

そして、今があります。

 

 

 

 

悲しかったり。

辛かったり。

自分を責めたり。

落ち込んだり。

 

 

今でも結構些細な事で

落ち込んだりします。

 

 

診断が出たり、

苦手な事が明らかになるたびに

落ち込みます。

 

 

将来を悲観しては落ち込みます。

 

 

なぜ「普通」じゃないのかと

なぜ「普通」に産んでやれなかったのかと

 

それはそれは落ち込みます。

 

 

 

情報を探していると

どのお母さんたちも

前向きに頑張っているように見えます。

 

わたしも、そんな風に見えるみたい。

 

 

 

でも本当は

めっちゃ落ち込んだり泣いたり。

 

毎日涙をこらえていたりもします。

 

 

f:id:kudop:20180313133848j:plain

 

 

立派じゃなくていい。

落ち込んでもいい。

受け入れられないときがあってもいい。

 

そんな時にはたくさん

泣いたらいいと思うんだ。

 

 

我慢なんて、しなくたっていい。

 

 

苦しいと思うこと。

 

それは間違いなんかじゃない。

 

そう感じることは

悪いことなんかじゃない。

 

 

ふと、そんな風に思ったので

書き残しておきます。