読み書きが苦手な息子とわたしとシゴトとパッション

書字障害(ディスグラフィア)・LDの息子を筆頭に4人の子を持つ母の仕事(オンラインチーム事務)子育て記録

音が苦手な子・苦手な人に有効な「ノイズキャンセリングイヤホン」

 

うちの中2長男は音に敏感です。

 

といっても、

聴覚過敏と診断がつくようなものではなく。

 

でも日常生活の中で

本人は困ることがあるんですよね。

 

  • 突然の音にびっくりしたり、怖かったり。
  • 大きな音に過剰に反応したり。
  • 他の人が聞こえない音に気を取られたり。
  • 話し声が気になってイライラしたり。

 

彼の日常を見ていると

本来脳みそが無意識に自動で行っている

「この音、重要じゃないからボリューム低めにしとこう」とか

「これ大切だからボリューム大きめで!」とかいった

自動音量調整機能が働いていない気がします。

(これ一般の人はみんなもってるやつね。だから雑踏でも必要な音だけ拾えるの)

 

 

小学生の時、3階の教室にいて

誰も気が付かない

学校の外でやっている工事の音が気になったり

 

ほかの子は聞こえない

鳥のさえずりが気になったり

 

コソコソ小声で誰かが話している

悪口が聞こえてきたり

 

 

かと思いきや

必要な音がどれかが切り分けできないので

 

授業をしている先生の声よりも

誰かが落としたノートの音や

教科書をめくる音

鉛筆で書く音が気になったり。

 

 

そんな彼が一番つらいのは

人の多いところです。

 

音の刺激が多すぎるんでしょうね。

 

その中でも商業施設は

複数のところから

違う音が聞こえてくるので

耳をふさいでいないといられないくらい

しんどいようでした。

(特に電子音がキツいみたいです)

 

 

こんな状態でも

聴覚過敏という診断はつきません。

(主治医に確認済み)

 

 

もともと、ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを勧められたのは

放課後デイの利用面接のときでした。

 

かれこれ1年くらい前なのですが・・・。

 

 

今まで購入に至らなかったのは

親から見ると

それほど困っていなさそうに見えたからです。

 

 

けれど今日一緒に外を歩いていると

  • 電車の音がつらい
  • 車の音が気になる
  • 電子音で耳が痛い

などなど、不快なことが多いことを

はなしてくれたんですね。

 

特に商業施設のあふれかえる音が

とてもとても不快で

耳を両手で塞いで歩いていました。

 

 

ここにいるのがつらい。

 

 

そう彼が言うのは

ごくごくありふれた

ショッピングモール。

 

 

 

その時に、

ノイズキャンセリングイヤホンを思い出し

 

( ゚д゚)ハッ!

買おう!!

 

と思って家電量販店へ。

 

 

色々本人に試してもらって

お値段と形と遮音性でしっくりくるやつが

(一番ノイズキャンセルしまくるやつは3万オーバーで予算オーバーでしたw)

こちらのイヤホンでした。

 

ごくごく普通に音楽を聴けるイヤホンです。

 

 

 

でもノイズキャンセリング機能があるので

(ノイズっていうのは外から入ってくる音のことね)

脳で切り分けにくかった

様々な音が耳に届かなくなります。

 

 

実際にこちらをつけて

ショッピングモールを歩いて

駅前や駅の構内を歩いて

電車に乗って、自転車に乗って

普段よりも音が入ってこないことが

とても快適だったようです。

 

店頭で流れる音楽も

人の話し声も

車のエンジン音も

電車の車輪の摩擦音も

・・・それからきっと私が気が付いていない音も

イヤホンが耳に入るのを防いでくれて。

 

 

 

いつも、どこに行きたい?と聞くと

「静かなところ」と言っていた彼の日常に

少しは「静かな時間」が

訪れてくれますように。