シゴトとわたしと息子とパッション@岡山倉敷

主婦でお母さんでフリーランスな萌え事務員の日常

萌えが萌えじゃなくなり、そしてまた萌えになる

ジブンシゴトを形にする。

その思いで10月から萌えコン塾(コンサル塾)で

色々勉強したり

心を整えたりして

ジブンシゴトが形になろうとしています。

 

 

萌えをビジネスにしよう。

 

それが萌えコン塾。

 

 

そんなビジネスコンサルを選んでいますから

当然「萌え」じゃないことは

ビジネスにしません。

 

だから、一旦

スピリチュアルなことも

鑑定もぜーんぶ手放しました。

 

萌えじゃないと思ったから。

 

 

だけれど一周巡り巡って

もう一度あのころ手放したものを

拾い上げようとしています。

 

 

なぜもう一度スピリチュアルなのか

 

いったん鑑定を手放したのは

楽しくなかったから。

 

義務的に感じた

毎日鑑定もイヤになって

イヤイヤやるなら

鑑定なんて向いてない!

そう思ったんですよ。

 

それに半年鑑定をブログに上げて

(自分の中では)

一生懸命アピールしたつもりだけれど

全然仕事にはならなかった。

 

だから、やめようって思った。

 

けど、たまに無性に

鑑定したくなったり

カードを引きたくなる。

 

たまに、無性に。

それなのに、精度は変わらない。

 

今も昔も

「どんぴしゃ!」と言われる

カード鑑定だったりする。 

kudop.hatenablog.com

 

でも、誰かが褒めてくれるから

やりたいという話でもない。

 

 

やりたいときにやれればいい

 

どんなに萌えでも

好きなものであったとしても

「ねばならない」という

義務感が発生した瞬間に

楽しさの色が抜けていくのかもしれない。

 

だから、売らなきゃ!

稼がなきゃ!

集客が!!って思いながらの鑑定は

わたしには

向いていなかったんだと思う。

 

ただ楽しむだけの鑑定を。

お客様も。自分も。

 

そういうのがやりたいから

今はカード鑑定を募集しない。

 

わたしを事務員として雇ってくれた

クライアントさんたちだけに

提供すればいい。

 

好きな時に、

好きな人に、

好きなことを。

 

それが一番楽しいから。

 

 

やり方で萌えになり、萌えじゃなくなる

 

これはやってみて気づいた事だけれど

本来「萌え」であったとしても

やり方を間違えてしまうと

「萌え」ではなくなってしまうことがある。

 

けれど、本当は好きなことで

萌えなことなので

決してキライになったわけではない。

 

だって数あるもののなかから

あえてそれを選んでいるのは

損得だけとは思えない。

 

萌えを萌えだと感じる

ボーダーラインというか

心地よさのラインが確実にある。

 

それはたぶん事務のことも

そうなんだと思う。

 

楽しくて仕方ない!って思える時に

仕事量をセーブしないと

苦しくなってイヤになってしまう。

 

心地よさ。

楽しくできるかどうか。

 

これはすごく大切なラインだと思う。

 

そのラインを越えて

無理をしてはいけない。

 

そのラインを超えると

萌えは萌えではなくなるから。

 

 

★現在ご提供中のメニュー★

萌え事務サポート
わずらわしい事務作業からから開放され、
セッションや講座に集中できるように。
また、自分時間が確保できるようになります。

1ヶ月:30,000円~
詳細はコチラ

お申し込みはコチラ
http://www.reservestock.jp/inquiry/19125

 
混ぜればゴミ、分ければ資産!ブログリサイクルマークリサイクル 
 ブログ全記事を読んで
 ブログのテーマ分けをしなおします
 「お客様」がすぐに
 メニューやお申し込みの記事を
 見つけられるようになります

1ブログ(200記事まで):24000円 
詳細はコチラ

お申し込みは
http://www.reservestock.jp/stores/index/9587

 
お客様目線&エネルギー ブログ診断
直近30記事を読んで
お申込みしやすいか
読みやすいか
エネルギーはどうかをチェックします。

1ブログ(30記事):3000円

お申込みは
http://www.reservestock.jp/stores/article/9587/10533

役に立つ事務情報も届く
萌え事務職人しま特急便は
コチラからどうぞ
http://www.reservestock.jp/subscribe/57201