シゴトとわたしと息子とパッション@岡山倉敷

主婦でお母さんでフリーランスな萌え事務員の日常

ジブンシゴトに行き詰ったらやって欲しい3つのこと

本日萌えコン塾グルコン最終回

 

最後の最後にくどぴー叫ぶ

f:id:kudop:20170304191115j:plain

 

どうしたらいいのか、わからない~!

 

 

やり続けてきた5か月間

 

萌えコン塾に入った時

わたしは人知れず覚悟した。

 

絶対にこのコンサルで

稼げる自分になるのだと。

 

これを最後にするっていう

覚悟を決めて飛び込んだ。

 

詳しくはこの辺の記事ね

 

kudop.hatenablog.com

 

 

やったほうがいいよと言われたことは

「はい」か「YES」で答える。

 

やらないという選択肢はない。

 

だからブログを書いてきた

メルマガも書いてきた

セッションもやった

お茶会もイベントもやった

 

やり方がわからない私に

ジブンシゴトの先輩からの

「やったほうがいい」は

絶対にやったほうがいいことなのだ。

 

だから

ちくさん、まみさんが

「やったほうがいい」ってことはやった。

 

NOはない。

やらないという選択肢はない。

 

選択肢は「YES」か「はい」

 

走り続けた。

怖くてもそれを抱えて走った。

 

 

誰よりも前を走りたかった

 

今なら言えるけれど

萌えコン塾の誰にも負けたくなかった。

 

一番先頭を走り続けたかった。

だから、泣き言は言わなかった。

 

いや、泣いたな。

 

まだ何もできていませんと

12月のグルコンで泣いたわw

 

結果成果を出したい。

 

それはわたしが萌えコンで

きっと誰よりも

強く持っていたものだと思う。

 

だから停滞が怖い。

停滞は進まないのと同じだから

 

 

そして来た、停滞期

 

書いても書いても

ブログの読者も増えない。

アクセス数も増えない。

 

メルマガ読者も増えない。

開封率も増えない。

 

増えない増えない増えない。

 

何なんだこれは。

 

そもそもわたしのメニューって

ごくごく親しい人しか

申し込みがあまりない。

 

何がいけないんだろう。

どこがいけないんだろう。

何をしたらいいんだろう。

 

急にそんな思いが湧き上がった

最後のグルコン直前。

 

 

心の叫びは絶叫と化す

 

何がいけないのかわからない。

ちゃんとやってきたのに、何がダメなの!?

 

心の底からの叫びを

グルコンで泣きながら叫んだ。

 

仲間たちは優しい。

誰よりもやっていると言ってくれる。

 

講師のちくさんは

停滞だと落ち込むのは早いという。

 

そして突きつけられるのは

「わたしはどうするのか」

 

 

停滞したらまずやる1つ目

 

停滞したから

諦めて放り出せますか??

 

そう聞かれたら

わたしはNO!と答える。

 

停滞期は辛い。

でもここで終わりたくない。

 

だけれど、それはわたしの答え。

 

 

行き詰ったら考えて。

 

やめたら、諦めたら、そこで試合終了だよ

 

でも、やめたっていい。

止めたって良い。

休憩したっていい。

 

自分はどうしたいの??

 

 

行き詰ったら考えてみて。

 

わたしはどうしたいの?って。

 

そこで出した答えは

自分にしか出せない答え。

 

 

行き詰ったらやって欲しいもう1つのこと

 

褒めてあげてください。

ここまで頑張った自分を。

 

悔しいと思える自分を。

 

行き詰ってどうにかしたいと

願った自分の事を。

 

誰かじゃなくて

自分が自分をいたわって認めてあげて

 

そしてよーしよしよし♪って

心の中で褒めてあげて。

 

今日まで頑張ってきた自分を。

 

 

そして3つ目にやって欲しいこと

 

コンサルを受けているなら

素直に「助けてください」って言って

ヘルプを求めていいと思う。

 

わたしは、なんでこんなに

ぐちゃぐちゃのとこまで

何も言わなかったのか後悔してます。

 

もっと早く相談すればよかった。

助けてくださいって言えばよかった。

 

それはコンサル生の特権なのにね。

 

先を行く人は

答えを知っている。

 

だから素直に助けを求めて良い。

そこを出し惜しみなんてしないと思う。

 

少なくとも

萌えコン講師の2人は

絶対に出し惜しみしたりしない。

 

 

だからジブンシゴトで

今行き詰っていて

停滞感を感じているなら

2人に会いに行くときっといいことがあると思うよ。

 

chiku-kun.com